上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エインの攻略方法

いつの間にか広告でるようになってますね(´_`。)最近気づきました。
できるだけ更新頻度上げて頑張って行きたいと思います!


エインですがLSによって様々な攻略方法があると思います。
今日はσ(゜∀゜のLSの攻略方法を紹介してみたいと思います。

まず構成ですが前衛PT+黒PT1つとなります。前衛PTは基本的なメリポ構成です。安定度を重視してるので後衛は白赤詩が多いです。

意見が分かれると思うのですが

・PT単位で別々の敵を殴る
・ターゲッターを決めて1つの敵を殴る

以上どちらかになると思います。うちでは後者を採用しています。

理由は以上になります


・敵1体を殴る=デメリットとしてWS数が増えるというのもありますが素早くたおせば増えることはないです。エインの敵はスタンがほとんど入るので黒は精霊を唱えずに、WSを止めるようにスタンをしてスタンでできるだけ身動きとらせないまま倒します。
もちろんリキャ待ち中は追い込みように精霊も打ちます。

・2つ目にターゲッターは早めに次の敵を殴る事でタゲを固定させます。(以上の理由で火力が高いスタンか挑発持ちの人が適任)
これにより敵の通常攻撃はターゲッターがほとんど受けることになります=ケアルをしやすい。
またほぼ1人がターゲットとりやすいために、他の人も常時八双等が使いやすくなります。

さらに、1体1体やっていけば通常攻撃をもらうケアル対象はつねに1人なので後衛の負担が楽になります。(ほとんど自PTでターゲッターのケアルは間に合いますので他PTはMPかなり余ります・一応ターゲッター用のケアルマクロを用意しておくとさらに○)
のでアポカリじゃなくても肉盾をやってもMPにはかなりの余裕がありますし、後衛が慣れていれば死ぬことはありません。(バーサク使用は控えた方がいいかもしれませんが)



これらを考えるといい事ばかりに思えますが、デメリットも当然あります。

・1つは大人数が1匹を殴るために重くなり、環境によっては操作面において大きなダメージをうけます。

・2つ目は敵が沈むのが早いためにしっかりとアシストマクロを準備し、各自すばやく動くようにする必要があります。

・3つ目はスライム等素早く倒せない敵の場合、範囲攻撃が逆に増えてしまってケアルがおいつかなくなる場合もあることです。こういう場合は前衛は離れる等の判断が必要です。



第2ウィングのスライムだけきついのでサポ忍にしていますが、第1・第3ウィングは全員サポ侍で常時八双で殴るようにしています。

前衛の火力としてはやはりアポカリのサポ侍がHP吸収の安定度も考えると飛びぬけてると思います。
火力は戦/侍・侍/戦は同等または超えてきます。戦に関してはレリックなくてもアポカリに迫ってきますねΣ('-'ノ)ノ


各PT分かれてサポ忍でメリポのような戦闘も1つの楽しみ方だと思いますが、常時八双でこういうやり方もありだと思います。
うちはこのやり方で初遭遇のベヒボスに負けてしまったことはありますが以来、1年以上失敗はありませんし、悪くはないと思ってますΣ('0'*)

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。